組織再編支援

企業間の競争は激化の一途をたどり、経営状況は変化し続けています。経営目標を達成するために、より最適な組織構造に再編する必要があります。当法人は、経営戦略による組織再編を支援し、企業価値を高める税務サービスを行っております。 行政書士法人Fと協力することで、会社法、税法、会計などを含む総合的な支援を可能にしました。

組織再編とは

企業が行う組織再編とは、会社法上で「株式交換」、「株式移転」、「合併」、「分割」、「現物出資」、「事後設立」などを意味します。ある企業と別の企業が合併したり、ある企業の特定の事業部門を独立させたり、というものです。これらの組織再編を行う場合、税務上は原則として課税されることになっています。しかし、法形式は違っても経済実態に変化がない場合もあります。そこで課税が行われると、それは企業にとって負担以外のなにものでもあません。こうした組織再編に伴うアンバランスを解消するために、幾度かの税制改正が行われ、ある一定の要件を満たす場合のみ、課税を繰り延べることが可能になりました。これを適格組織再編成と呼びます。

問い合わせフォーム
適正価格のウェブ制作「アップターンのウェブアップサービス」